アイフルの換えローンはやめておいたほうが言いワケ

借り換えローンを利用する目的は、「複数の借入れを一つにまとめて返済の負担を減らす」というものです。アイフルは消費者金融なので、当然ながらカードローンは総量規制の対象となります。つまり、年収によってアイフルから借りられる金額の上限が設定されてしまうため、必要な金額を借り換えできないことも少なくありません。

特に旧制度の内に負った債務に関しては総量規制の範囲を超えた金額になっている可能性がある為、アイフルでは借り換えしきれない状態になっていることも考えられます。しかし、借り換えローンに関しては「特例的に総量規制対象外と同等のものとして契約することが出来る」と言った仕組みがある為、すでに規制の範囲を超えた金額であってもアイフルで一本化できる可能性は残されます。尤も、審査をクリアできればの話にはなりますが、金額に関係なく利用出来る様になるという点では大きなメリットです。

しかし、現実的に言っておまとめローンを利用するのであれば「低金利で利用出来るものである」と言うことが必須条件です。せっかく借り換えを知っても返済が楽にならなければ意味がありませんので、出来る限りそれまでの(平均)金利状況から下げることが大切です。アイフルのおまとめローンで設定されている金利は「12.0~15.0%」と低いものではなく、「最大上限である500万円を借りた場合でも10%を超える金利」で利用することになってしまいます。