三井住友銀行カードローンは個人事業主の借入できる?

三井住友銀行カードローンは、個人事業主でも借入ができます。個人事業主が三井住友銀行カードローンに申込みをするときは、どのようなポイントで不利になっているのかを知っておくことで、対策を練ることができます。

一般的に、ローン審査では給与所得者が有利になっています。それは、給与所得者はさまざまな制度の恩恵を受けることができるからです。例えば、雇用保険があげられます。会社で働いている人は原則として雇用保険に加入しており、失業をしたときに、3ヶ月~1年程度の期間、失業給付を受けられます。失業給付の金額は4割~8割程度と、通常の給料よりは下がってしまいますが、それでも失業をしてすぐに収入がゼロになるわけではないということです。

また、厚生年金に入っている人なら、病気になったときの保障もあります。国民年金でも保証はありますが、厚生年金に比べて不十分であるように感じます。

個人事業主の人は、雇用保険に加入しておらず、年金も国民年金、健康保険も国民健康保険なので、失業をしてしまったときのリスク、病気になったときのリスクが高めです。こういった理由から、ローン審査で最も不利であると言われています。

しかし、ローン審査は総合的にさまざまな項目を見られるので、年収が高くて安定して収入を得ているなどの事情があれば、総合的には有利になることもできます。三井住友銀行カードローンに申込みをするときは、不利になるポイントを理解して、総合的に信用を上げるための工夫をすることがポイントとなるかもしれません。